冒険の夢を見ていた男の子。

1828年、ナントである男の子が中産階級の家庭に生まれました。
ですが、両親との関係があまりよくありませんでした。ですので、11歳になった男の子は家出しました。
船に乗って、インドまで行こうと思いましたが、途中で父親に追いつかれてしまいました。
本当の冒険ができるようになるまで、ちょっと待たないといけなくなりました。

高校を卒業してから、父親の勧めでパリに法律を勉強しに行きました。そして、1850年に博士論文を取得しました。
冒険の夢は全くなくなってしまったのでしょうか?そんなのはいやだ!
それからパリで文壇と科学のコミュニティに通い始めました。デュマという作家との出会いが決定的となって、法律を断念することにしました。

その時から、冒険の夢を見ていた男の子は小説を書き始めます。書くことで、やっと旅行ができるようになりました。それからやっと本当の旅行をしてみました。
子供の時から、夢見ていた「旅行に行く」という夢をかなえることができました。
スコットランド、スカンディナヴィアなどへ行きました。
その後で、結婚して、1861年に子供が生まれました。

次の年、彼の運命を変えることになる人に出会いました。
ヘッジェルという編集者は彼の友達となり、指導者ともなりました。
冒険の夢を見ていた男の子はその後も書き続けています。ずっとずっと。
また、ッジェル編集者は彼の本を出版しています。
「気球に乗って五週間」、「八十日間世界一周」、「海底二万里」、「月世界旅行」など、
驚異の旅 というシリーズが相次いで出版されました。

この冒険の夢を見ていた男の子はが誰かはもうお分かりになりましたでしょう?

今も彼の素晴らしい冒険を、小説を通じて、彼の読者たちに夢見れせてくれる作家です。
私の大好きな作家の紹介でした。

ジュール・ヴェルヌに敬意を表して。
Jules Verne - 01


Jules Verne - 02
「八十日間世界一周」

Comment

No title

こんにちは!

素敵なブログですね。
ジュール ヴェルヌは私も好きです^_^
次回の記事も楽しみにしています🌹

Re: No title

ありがとう。コメントを読んで、嬉しいです。
今まで忙しくて、ブログのことをできなくて、でもだんだん書きたいです!

> こんにちは!
>
> 素敵なブログですね。
> ジュール ヴェルヌは私も好きです^_^
> 次回の記事も楽しみにしています🌹
Commentaire privé

プロフィール

Sam Shik

Author:Sam Shik
♥♥♥♥



カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Tag

日本 写真家 自分の生活 芸術家 パリ ビデオ イベント 自然   DIY フランス ブログ 音楽 博物館  会社員 GeekStuff 環境  写真 ストリートアート 映画 手作り 展示会 文化 DS 社会問題 レミオロメン ダンス アメリカ 歴史 フランス文学 ダンサー オタク お祭り 太鼓 日本語 ゲーム  地震 ファッション コンテスト 地図 

Liste amis-blog

足りないキイは歌ってしまえ

Blog d'une Japonaise en français
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ