「何必館」に、ロベール・ドアノー

関西に住んでいるみんな様へ


12月 3日(土) - 2月26日(日)「何必館」 京都現代美術館において、ロベール・ドアノー(Robert Doisneau)の展示会が行われます。

ロベール・ドアノーは知っていますか?
フランスの有名な写真ですね。

みんな、パリ市庁舎前のキス(Le Baiser de l'hôtel de ville)を知っていますね。

Photo0393.jpg



このたび 「 ドアノーの愛したパリ ROBERT DOISNEAU 展 」 を開催いたします。

  1985年、私はヨーロッパ旅行中にロベール・ドアノーと出会い、洗練されたエスプリとユーモアを持つ彼の温かい人柄に触れ、瞬時にドアノーの虜になって しまった。20世紀、目まぐるしく変貌を遂げたパリの街から生まれた数々の情景は、まるで一瞬のドアノー自身のまばたきのようです。 ドアノーの写真を見る人は、ドアノーの視線に参加することになり、ユーモアという逃げ道を用意してくれている覗き見が出来、写真家ドアノーの共犯者になっ てしまう。 「写真は創るものではなく、探すものだ」 というドアノーの言葉の中に、数々の作品を生み出していった彼の確たる姿勢が感じられます。
  本展は、何必館コレクションを中心に、「子供達」「恋人」「酒場」「街路」「芸術家」の5つのテーマで構成し、オリジナルプリント約60点を展覧いたします。是非ご高覧下さい。
                                      
                            何必館・京都現代美術館長  梶川 芳友




素晴らしそうな展示会ですから、チャンスがあれば、行ってください。

「何必館」 京都現代美術館のサイト

坂東玉三郎 & 鼓童

シャトレ座( Théâtre du Châtelet)では、鼓童というプロ和太鼓集団の演芸会が行われました。

この栄芸会は坂東玉三郎という人間国宝から作られました。 すごいじゃない?
みんな、坂東玉三郎を知っていますね。日本の歌舞伎役者です。

坂東玉三郎は8人の鼓童と働きました。美しくいスペクタクルが見えました。
打男という。



話より、見ることのほうが。






忙しくて、行けなかったです・・・
残念すぎ。

ここはフランス語で坂東玉三郎のインタビューでーす。

マオリ文化

今日の記事は2011の最後のです。    展示会ついて話すことにします。

ケ・ブランリ美術館では2001年10月04日から、2012年01月22日にかけて、250の作品の紹介を通じて、マオリの展示会が行われます。

3aee5c65f3.jpg



テ・パパ・トンガレワというニュージーランド国立博物館の未発表の展示会は未来があるマオリ人民の意欲を断言し、強さやまだ生きている文化を証言しています。

Photo0399.jpg

Photo0393.jpg




展示会は彫刻やアクセサリーや写真や聖品のような様々な作品を集めています。
展示会はマオリの宝物殿というターオンガと現代の作品とを引き合わせています。それは、マオリ文化の21世紀の争点と概念をわかりやすいわけです。

この展示会は西洋観からはすれて、マリオ観から見られたマオリ文化を紹介してくれます。

チャンスがあったら、行ってみてください。

私は弟と一緒、行って、大好きでした。
展示会に関する雑誌も買いました。 
Photo0409.jpg



予告編



Presented By
mqb_tt.gif Te Papa Tongaera




Albert Kahn ・ 下

2010年から11月9日から2011年08月28日まで、地球映像のとき、日本で撮らされた写真に関するの展示会が行います。

RTEmagicC_Affiche_A3_01.jpg


アルベール・カーンは1908年11月13日に日本で到着します。
写真家になったAlbert Duterteという運転手は20日間で20世紀のはじめの日本の生活を不滅にします。

二回目の日本での旅行のとき、Stephane Passet とRoger Dumasが取らされた写真も見えます。

本当に良い展示会でした。

C001370.jpg

Expo 01



Expo 02Expo 03



            

Albert Kahn ・ 上

先週はアルベール・カーン博物館へ行きました。
今, 20世紀の初めの日本で撮った写真の展示会が行います。


今日の記事でアルベール・カーンを紹介し、他の記事では展示会を話したいと思います。
アルベール・カーンはアルザスで生まれました。普仏戦争のあとで、ドイツの領士になったアルザスを離れて、フランスの部分へ行きました。
16歳のとき、パリに引っ越しし、バカロレアを受けることにしました。
南アフリカの金鉱とダイヤモンド鉱への投機で莫大な財産を築き、1898年に自らの銀行を設立します。

アルベール・カーンは1898年から1931年にかけて、世界の周りの奨学金、地球映像資料館のような文化制度を作ります。

「地球映像資料館」とは20世紀のはじめ、生き生きとしている世界の肖像画を作る目的があることです。
アルベール・カーンという銀行家は平和主義者である。

彼が外国文化の知識のは国民の間に尊敬と平和主義的関係の励ますことを確信しています。
そして、20世紀は昔の生活がなくなって、新しい時代に入るのがすぐわかりました。
だから、その昔の生活を忘れないように、「地球映像資料館」を作りました。

しかし、1929年の世界恐慌より、破産し、私財がすべて差し押さえられました。



アルベール・カーンは日本との深い関係を持ち上げます。
1908年に来日。


"一方でフランス国内の金融界は既に飽和状態で新規の案件が開拓が出来る状態ではなかったために、カーンは駐仏公使・本野一郎を通じて、発展著しい日本に投資をするという賭けに出て成功を収めした。そのため、明治時代の財界人と交友関係があり渋沢栄一、浅野総一郎、大倉喜八郎などと交友がありました。アルベール・カーン庭園には1898年に造られた日本庭園があります。一方でフランス国内の金融界は既に飽和状態で新規の案件が開拓が出来る状態ではなかったために、カーンは駐仏公使・本野一郎を通じて、発展著しい日本に投資をするという賭けに出て成功を収めした。そのため、明治時代の財界人と交友関係があり渋沢栄一、浅野総一郎、大倉喜八郎などと交友がありました。アルベール・カーン庭園には1898年に造られた日本庭園があります。" [Wikipédia]

日本での旅行をして、フランスに帰って、「日本庭園」を造り始めました。本当に美しかったです。 

Albert Kahn 04

Albert Kahn 05


Albert Kahn 06





お姉ちゃんがIphoneで美しい写真を撮りましたね。 
Albert Kahn 02Albert Kahn 03
Albert Kahn 01








-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


「来日は2回。この国は特に好きですから、家の近くで、小さいな日本の土を作りたかった。
自分の生活は日本の繊細さと似いています。
優しいさと静かな住み方を高く評価していますから。」

Albert Kahn, 1938年08月15日
日物雑誌
Albert Kahn




プロフィール

Sam Shik

Author:Sam Shik
♥♥♥♥



カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Tag

日本 写真家 自分の生活 芸術家 パリ ビデオ イベント 自然   DIY フランス ブログ 音楽 博物館  会社員 GeekStuff 環境  写真 ストリートアート 映画 手作り 展示会 文化 DS 社会問題 レミオロメン ダンス アメリカ 歴史 フランス文学 ダンサー オタク お祭り 太鼓 日本語 ゲーム  地震 ファッション コンテスト 地図 

Liste amis-blog

足りないキイは歌ってしまえ

Blog d'une Japonaise en français
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ