Pejacの素晴らしいアート

前から、ストリートアートのことを気に入れました。

今度は、Pejacというスペイン人を紹介したいと思います。
Pejacのアートを見ると、すばらしいと思いました。

Pejacは世界を普通の人と違って見られて、空想にふける人です。
外では、都市を飾るために、型紙と塗料スプレーを、中では、キャンバスと窓を使っています。いつも、現実を変わりたいです。

スペイン人の創造性は限度がないはずです。

パリの街で見られるアート:


Artistes Artistes

ArtistesArtistes




イスタンブルの街で見られるアート:


Artistes Artistes
Artistes




本人のサイトで、他の素晴らしい美術が見られる:http://pejac.es/home/gallery-2/

みんなさん、好きなストリートアートがいますか?

Thème : Everyday Life
Genre : Blog

理想な宮殿を作りましょう?

今回は特別な宮殿を紹介したいです。
シュヴァールという郵便屋さんの理想な宮殿。

理想な宮殿って何だろう?ちょっと説明します。

シュヴァールは貧乏な家庭に生まれました。1836年でした。
学校を早く郵便屋さんになりました。
シュヴァールが暮らしていた当時は赤貧の時代でした。
ききんや病気が特に多かったです。でも、その時期に産業革命がはじまて、科学と医学が進歩したころもあります。

初めて写真と葉書ができたのもこのころです。
葉書を見た郵便屋のシュヴァールさんは、想像力豊かな人になりました。

毎日、仕事をすると、30キロぐらい歩いていました。
歩きながら、石を拾い始めました。その石で、自分の宮殿を作ることにしました。

1912年に、33年間にかけて、やっと完成させました。






シュヴァールの想像上がすごくて、象や熊や妖精などの動物と夢幻的な人物の装飾品を作りました。



その後、多くの芸術家は世界でも、このユニークなこの宮殿をあこがれて、着想を得ました。
1969年に国家遺産となり、保存されることになりました。
「郵便配達人シュヴァールの理想宮」という名前がつけられました。



皆様、自分の理想な宮殿はどんなものでしょうか?


________
参考:
http://www.facteurcheval.com/

コンセプチュアルアート

1965年、ニューヨークでの話です。

22歳になったばかりのJoseph Kosuthは急に有名になりました。椅子が、きっかけになりました。


「One and Three chairs」という作品のおかげで、コンセプチュアルアートを世に出しています。



Joseph Kosuthは三つの品を提示しています :椅子の写真、木から作られた椅子、それから椅子という言葉の定義という作品です。
そこで、この芸術家は質問しています。「椅子は何個ありますか?」と。

Kosuthは観客に重要な問いを投げかけています。「アーとトは一体なんでしょうか」という問いです。
なんときびしい問いでしょうか。物ですか?又はアイディアですか?

この「One and Three chairs」という作品の中で、椅子というのものは何なのでしょうか?
写真?定義?物?

そして、定義を読むと、木から作られた椅子とコンセプトの提示は、同じものですか?


マグリートというフランスの芸術家は、同じように、アートは何かについて、考えさせてくれます。
この絵を見てください。



絵に「それはパイプではありません」と書いてあります。
マグリートが言いたいことはパイプを表現すると自体なのです。
どうやって、芸術が物と世界について考えさせるかということは、素晴らしいじゃありませんか?

Back to Childhood

新しいカテゴリーをオーペンしたいです。
毎週 (月)は写真家を招待したいです。


今週のアルティストはフランス人のJulien Mauveです。
写真家は子供の頃のおもちゃに基づいての写真集を作りました。 
このおもちゃを使いながら、芸術的な視点が見られます。

これは子供世界と大人世界のよい対照だと思いませんか?

そして、大人になっても、子供の心がすごし残っているでしょう。

写真家のサイトを見てください

JulienMauve-BackToChildhood-6-600x399.jpg

JulienMauve-BackToChildhood-8-600x399.jpg


JulienMauve-BackToChildhood-4-600x403.jpg




JulienMauve-BackToChildhood-13-600x399.jpgJulienMauve-BackToChildhood-14-600x399.jpg
JulienMauve-BackToChildhood-5-600x399.jpgJulienMauve-BackToChildhood-7-600x399.jpg








ルーべのプール ~La piscine de Roubaix~

Photo0763.jpg


リールに住んでいるAlbert Beartという建築家がフランスの一番きれいなプールを1932年に作られました。
そのとき、その建物は豪華な美術館になるだろうがまだ知っていせんでした。
オルセー美術館が作られたJean-Paul Philipponという建築家はプールから美術館まだ改造しました。
美術館になったのは2001年でした。


昔のプールの建物は「Art Deco (アール・デコ)」風の証言です。ルーベのプールはフランスの美術館として重要な建物になりました。

Photo0772.jpg


20世紀のフランスの遺産を含めています。昔のプールに代わって、彫刻作品の恒久的なコレクーションを展示しています。
まわりに、に代わって、臨時のコレクーションを展示しています。
すべての建物では、昔の装飾が維持されています。

Photo0767.jpg


そして、ルーべでは繊維産業が特に多いですした。
だから、繊維産業を証言している博物館を作るのは重要なことでした。

Photo0777.jpg

プロフィール

Sam Shik

Author:Sam Shik
♥♥♥♥



カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Tag

日本 写真家 自分の生活 芸術家 パリ ビデオ イベント 自然   DIY フランス ブログ 音楽 博物館  会社員 GeekStuff 環境  写真 ストリートアート 映画 手作り 展示会 文化 DS 社会問題 レミオロメン ダンス アメリカ 歴史 フランス文学 ダンサー オタク お祭り 太鼓 日本語 ゲーム  地震 ファッション コンテスト 地図 

Liste amis-blog

足りないキイは歌ってしまえ

Blog d'une Japonaise en français
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ