Life Under My Skin

fb-kyon_-chris-coppola-550x411.jpg


今日は写真集のについて話したいです。

Life Under My Skinというの。

入れ墨に関するです。

入れ墨は社会現象であるとともに、美的感覚または現象的な美術ですね。




その機会で、Anna Mazasという作者はとても綺麗な写真を集めていました。

みんなさん、どう思いますか?

入れ墨をしましたか?

当に、綺麗な写真は見えますね。


fb-nikole_thibaut-de-saint-chamas1-550x825.jpg fb-didier-et-vcronique-julien-lachaussee-550x693.jpg

fb-el_-thibaut-de-saint-chamas-550x366.jpg fb-lain_thibaut-de-saint-chamas-550x366.jpg

fb-jay_thibaut-de-saint-chamas-550x824.jpg fb-tcrez_aurelie-verdier-550x825.jpg fb-nina_thibaut-de-saint-chamas-550x824.jpg

fb-christophe_-julien-lachaussee-550x440.jpg fb-ariana_maria-del-rosario-senz-550x368.jpg




震度9

日本への絵」


"3月11日に発生した東北関東大震災における被災者救済のために、カフェサレ(CFSL)と言うフランスのイラストコミュニティが中心となり、ヨーロッパの漫画家やイラストレーター達がチャリティーオークションを計画しており、日本の漫画家やイラストレーターからも作品を募集しております。"


日本を応援するために、このようなサイトが生まれました。
とてもいいアイディアだと思います。

サイトを見てください。

でも、今サイトからが出版されました。
とても、美しいなの。

Photo0164.jpg




"連帯の輪は広がり世界中のアーティスト数百人がすぐさま作品を投票。数十万人がインタネット上で閲覧した。作品集は、我々にインスピレーションを与え我々が愛してやまないこの国への愛情の証である。

星の輝きは現在の苦境を乗り超えてさらにその明るさを増すだろう

ガンバレ日本!
"


全部を見せてあげるのは難しいですけど、本当に、毎絵は美しいです。


antonello_becciu.jpg

Andreas-img2831.jpg



alex-rimbault_tsunami.jpgChaignat+-+Tsunami+Japon.jpg
Bastien-Grivet_Be_Strong_Japan.jpg

p-barbieriA+little+Leaf.jpg



christellemozzati.jpg






「東京散歩」

地図が大好き!
当ですよ!

いつも、わからない町へ行くと、地図を見て、道がすぐわかります。
全然迷いません。

日本人と話すと、「方向音痴」という言葉をよく聞いています。
私は方向音痴の人ではありません。

もし大航海時代に生まれたなら、地図作成者になろうと思います。
でも、今世界でどこでも地図はもう書いています。
地図作成者という仕事がなくなりました。    (つまらない時代なぁ・・・)

どうして、それを語るか、好きなを紹介したいですから。
東京散歩」という。
Tokyo Sanpo 01


Florent Chavouetというフランス人はワーキング・ホリデーのビザを取って、彼女と一緒に日本へ行くことにしました。
作家は日本において、見ていた好きなことやおもしろいなことをを通じて旅行の話を語って聞かせました。

彼は完璧な地図が描けますから、私はとてもうらやましいでーす。

Tokyo Sanpo 02



はとても、上手で、話も面白いです。
それは日本へ行ったとき、びっくりしたことですから、本当に良い思い出です。
Tokyo Sanpo 03Tokyo Sanpo 04
Tokyo Sanpo 5




もちろんフランス語で書かれた「東京散歩」を見ると、もう一度に日本にいるみたいです。
本と旅行日記の間、いい本です。

大おススメでーす。

もう58年前 !

とか旅行が大好きなので、初めにエベレストを登しました。エドモンド・ヒラリーという人の出来事を読みたいのは久しぶりでした。
本

富士の頂上に到着できなかった私にはすばらしいことだと思います。このではエドモンド・ヒラリーは人生の詳細に立ち入れません。
彼はどうやっての登を気になったのは手短に説明していました。そして、直接にヒマラヤ脈のところへ運にました。エドモンド・ヒラリーは作家ではないし、目に入る豪華な風景を描写ないし...
頂上まで困難だけ。人が見ていた風景に関する感情を知っていたら、そのはあなたたち向けではありません。

私には大好きだったけど、頂上の写真の不在は残念なことだと思います。

よろしく。
頂点
プロフィール

Sam Shik

Author:Sam Shik
♥♥♥♥



カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Tag

日本 写真家 自分の生活 芸術家 パリ ビデオ イベント 自然   DIY フランス ブログ 音楽 博物館  会社員 GeekStuff 環境  写真 ストリートアート 映画 手作り 展示会 文化 DS 社会問題 レミオロメン ダンス アメリカ 歴史 フランス文学 ダンサー オタク お祭り 太鼓 日本語 ゲーム  地震 ファッション コンテスト 地図 

Liste amis-blog

足りないキイは歌ってしまえ

Blog d'une Japonaise en français
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ