冒険の夢を見ていた男の子。

1828年、ナントである男の子が中産階級の家庭に生まれました。
ですが、両親との関係があまりよくありませんでした。ですので、11歳になった男の子は家出しました。
船に乗って、インドまで行こうと思いましたが、途中で父親に追いつかれてしまいました。
本当の冒険ができるようになるまで、ちょっと待たないといけなくなりました。

高校を卒業してから、父親の勧めでパリに法律を勉強しに行きました。そして、1850年に博士論文を取得しました。
冒険の夢は全くなくなってしまったのでしょうか?そんなのはいやだ!
それからパリで文壇と科学のコミュニティに通い始めました。デュマという作家との出会いが決定的となって、法律を断念することにしました。

その時から、冒険の夢を見ていた男の子は小説を書き始めます。書くことで、やっと旅行ができるようになりました。それからやっと本当の旅行をしてみました。
子供の時から、夢見ていた「旅行に行く」という夢をかなえることができました。
スコットランド、スカンディナヴィアなどへ行きました。
その後で、結婚して、1861年に子供が生まれました。

次の年、彼の運命を変えることになる人に出会いました。
ヘッジェルという編集者は彼の友達となり、指導者ともなりました。
冒険の夢を見ていた男の子はその後も書き続けています。ずっとずっと。
また、ッジェル編集者は彼の本を出版しています。
「気球に乗って五週間」、「八十日間世界一周」、「海底二万里」、「月世界旅行」など、
驚異の旅 というシリーズが相次いで出版されました。

この冒険の夢を見ていた男の子はが誰かはもうお分かりになりましたでしょう?

今も彼の素晴らしい冒険を、小説を通じて、彼の読者たちに夢見れせてくれる作家です。
私の大好きな作家の紹介でした。

ジュール・ヴェルヌに敬意を表して。
Jules Verne - 01


Jules Verne - 02
「八十日間世界一周」

コンセプチュアルアート

1965年、ニューヨークでの話です。

22歳になったばかりのJoseph Kosuthは急に有名になりました。椅子が、きっかけになりました。


「One and Three chairs」という作品のおかげで、コンセプチュアルアートを世に出しています。



Joseph Kosuthは三つの品を提示しています :椅子の写真、木から作られた椅子、それから椅子という言葉の定義という作品です。
そこで、この芸術家は質問しています。「椅子は何個ありますか?」と。

Kosuthは観客に重要な問いを投げかけています。「アーとトは一体なんでしょうか」という問いです。
なんときびしい問いでしょうか。物ですか?又はアイディアですか?

この「One and Three chairs」という作品の中で、椅子というのものは何なのでしょうか?
写真?定義?物?

そして、定義を読むと、木から作られた椅子とコンセプトの提示は、同じものですか?


マグリートというフランスの芸術家は、同じように、アートは何かについて、考えさせてくれます。
この絵を見てください。



絵に「それはパイプではありません」と書いてあります。
マグリートが言いたいことはパイプを表現すると自体なのです。
どうやって、芸術が物と世界について考えさせるかということは、素晴らしいじゃありませんか?

マタ・ハリ :小説のような人生。

今もマタ・ハリという名は異国情緒や不思議な感じを思い起こさせます。
マタ・ハリの生涯は放縦や空想的といえる生き方でスパイ、ダンサー、売春婦と変装を何回もしました。

でも、本当はマタ・ハリってだれ?どんな人ですか?



マタ・ハリが神話的な人になるのは意図 しません。本当の名前は「マルガレータ・へールトロイダ・シェレ」と言います。アムステルダムに生まれました。
18歳で、年齢が2倍上のセーラと結婚して、オランダの植民地のジャワ島へ引っ越ししました。そこで、ダンスをはじめ、シャワの文化を習いました。
1899年にご主人のめかけから、 マルガレータの子供が殺されました。ヨーロッパに帰って、離婚することにしました。
新たな生活を始めます。でも、自分で生活費を稼がなければなりません。体を売って生活するよりほかにありません。パリへ向かって、スカースに入りました。

異国趣味の流行につけ込んで、東洋風の身のこなしを真似して、すっかり日焼けした顔のおかげもあって、ジャワ島人のふりをすることができました。マタ・ハリという名を使い始めました。

1905年にエミール・ギメという有名な美術品の収集人はマタ・ハリに魅了されました。
エミール・ギメは自分の美術館で出演するのを提示しました。
マタ・ハリは三つのダンスをやりながら、服を脱いて、全くエロチックな踊りでした。
マタ・ハリはストリップを発見しました。

Mata Hari 02


マタ・ハリはの名声はパリだけにとどまりませんでしたので、 他のヨーロッパの国々からも招待されました。愛人も何人もいました 。でも、名誉は短かったのです。他のダンサーとしのぎを削らなくてはならなかったから。1910年に名誉の期間は正味終わりました。お金がないマタ・ハリはパトロンを増やしました 。ターゲットは軍人でした。それがきっかけとなり、ドイツのため、スパイになりました。
あるロシアの軍人をすごく愛していて、二重スパイになりました。しかし、彼女の小細工は見つけ出されました。マタ・ハリは1917年02月13日にフランス政府に逮捕されて、死刑囚 になりました。

マタ・ハリのは本当にスパイ?誰も知りません。
確かなことは弱い政治的背景での完璧な有罪だけでした。
死刑日の後、昔の美しい体は分析のため、医学解剖 されました。

ベル・エポック(主に19世紀から第一次世界戦争まで)の一番エキゾチックな高級娼婦の話でした。


Mata Hari 03
プロフィール

Sam Shik

Author:Sam Shik
♥♥♥♥



カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Tag

日本 写真家 自分の生活 芸術家 パリ ビデオ イベント 自然   DIY フランス ブログ 音楽 博物館  会社員 GeekStuff 環境  写真 ストリートアート 映画 手作り 展示会 文化 DS 社会問題 レミオロメン ダンス アメリカ 歴史 フランス文学 ダンサー オタク お祭り 太鼓 日本語 ゲーム  地震 ファッション コンテスト 地図 

Liste amis-blog

足りないキイは歌ってしまえ

Blog d'une Japonaise en français
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ