マオリ文化

今日の記事は2011の最後のです。    展示会ついて話すことにします。

ケ・ブランリ美術館では2001年10月04日から、2012年01月22日にかけて、250の作品の紹介を通じて、マオリの展示会が行われます。

3aee5c65f3.jpg



テ・パパ・トンガレワというニュージーランド国立博物館の未発表の展示会は未来があるマオリ人民の意欲を断言し、強さやまだ生きている文化を証言しています。

Photo0399.jpg

Photo0393.jpg




展示会は彫刻やアクセサリーや写真や聖品のような様々な作品を集めています。
展示会はマオリの宝物殿というターオンガと現代の作品とを引き合わせています。それは、マオリ文化の21世紀の争点と概念をわかりやすいわけです。

この展示会は西洋観からはすれて、マリオ観から見られたマオリ文化を紹介してくれます。

チャンスがあったら、行ってみてください。

私は弟と一緒、行って、大好きでした。
展示会に関する雑誌も買いました。 
Photo0409.jpg



予告編



Presented By
mqb_tt.gif Te Papa Tongaera




Comment

Commentaire privé

プロフィール

Sam Shik

Author:Sam Shik
♥♥♥♥



カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Tag

日本 写真家 自分の生活 芸術家 パリ ビデオ イベント 自然   DIY フランス ブログ 音楽 博物館  会社員 GeekStuff 環境  写真 ストリートアート 映画 手作り 展示会 文化 DS 社会問題 レミオロメン ダンス アメリカ 歴史 フランス文学 ダンサー オタク お祭り 太鼓 日本語 ゲーム  地震 ファッション コンテスト 地図 

Liste amis-blog

足りないキイは歌ってしまえ

Blog d'une Japonaise en français
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ