理想な宮殿を作りましょう?

今回は特別な宮殿を紹介したいです。
シュヴァールという郵便屋さんの理想な宮殿。

理想な宮殿って何だろう?ちょっと説明します。

シュヴァールは貧乏な家庭に生まれました。1836年でした。
学校を早く郵便屋さんになりました。
シュヴァールが暮らしていた当時は赤貧の時代でした。
ききんや病気が特に多かったです。でも、その時期に産業革命がはじまて、科学と医学が進歩したころもあります。

初めて写真と葉書ができたのもこのころです。
葉書を見た郵便屋のシュヴァールさんは、想像力豊かな人になりました。

毎日、仕事をすると、30キロぐらい歩いていました。
歩きながら、石を拾い始めました。その石で、自分の宮殿を作ることにしました。

1912年に、33年間にかけて、やっと完成させました。






シュヴァールの想像上がすごくて、象や熊や妖精などの動物と夢幻的な人物の装飾品を作りました。



その後、多くの芸術家は世界でも、このユニークなこの宮殿をあこがれて、着想を得ました。
1969年に国家遺産となり、保存されることになりました。
「郵便配達人シュヴァールの理想宮」という名前がつけられました。



皆様、自分の理想な宮殿はどんなものでしょうか?


________
参考:
http://www.facteurcheval.com/

Comment

No title

一個人の作品が国家遺産になるなんてすばらしい。
こんな建物、夢の中でみたような気がします。
Commentaire privé

プロフィール

Sam Shik

Author:Sam Shik
♥♥♥♥



カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Tag

日本 写真家 自分の生活 芸術家 パリ ビデオ イベント 自然   DIY フランス ブログ 音楽 博物館  会社員 GeekStuff 環境  写真 ストリートアート 映画 手作り 展示会 文化 DS 社会問題 レミオロメン ダンス アメリカ 歴史 フランス文学 ダンサー オタク お祭り 太鼓 日本語 ゲーム  地震 ファッション コンテスト 地図 

Liste amis-blog

足りないキイは歌ってしまえ

Blog d'une Japonaise en français
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ